明日、決着がつきます


親子でも・・・むずかしいことがたくさんですね




疲れきっています・・・



勉学ガキンコの塾から夏期講習のお知らせが来たのが2週間前
それからがガキンコとのバトルの日々でした


受験生ということがあり、通常の夏期講習+特別授業を提案してくる塾
まぁ、塾だって「会社」だし、先生っていっても「サラリーマン」ですからね
そりゃ、全部「受けましょう」って言うに決まっている


でもね・・・



お金の問題というより、ガキンコ本人に合っているのか?
を、考えた


まずは、部活←秋の文化祭が終わるまでは文化部は引退できず
学校から出る夏休みの宿題でしょ・・・
夏休み明けすぐの期末テストの勉強
それに塾の夏期講習に受験勉強
さらに特別授業


まぁ~どれかは中途半端になるのは、普段からガキンコの性格を
いちばん見ている親とか勤労ガキンコの判断が正解だよね、ふつーは!!



ところがところが、勉学ガキンコは「全部盛り」を主張する


確かに、受験生だからいろいろと心配になり「あれこれ」と手を出したくなる
気持ちも十分に理解できる
でも、詰め込み過ぎて今のいいペースが崩れるのが
最も困ることも、また事実・・・


そのことを何度、説明しても「この夏は基礎固め」と塾で言われたことを
呪文のように繰り返す勉学ガキンコ
さすがの自分もキレた
キレたというより、子供の聞く耳のなさに心が折れた
結婚して子供を産んで、パパの前で子供の前で大声で泣いた
いま考えても、なぜあんなに大声で泣いたのか?
よくわからない・・・でも、何か泣けた


だって、よく考えみれば
第一希望校は現段階だけど、一応「合格圏」に入っていて
本人も第一希望校に行く気マンマンで、情報も集めている
学校の内申点もそれなりに取れている
今の状況をキープしつつ、1点でも2点でも内申点があがれば
より受験がスムーズに進められる


そんな現状を、トップ校を受けるわけでもないのに
ペースが崩れるかもしれないリスクを負いながら、特別授業を受ける必要ある?
それが、理解できない・・・しようとしないガキンコに泣けたんだろうね


どうしても不安があるのなら、その分の通常授業数を増やしたり
過去問題集を買ったり、お金のかけ方は「特別授業」だけじゃない


子供に投資は必要
でも、ガキンコにいちばん有益な投資をしたい
その答えが、明日の塾の面接で決まる
自分のこのモヤモヤ感も、明日になれば晴れる
ガキンコにいちばんいいプログラムを組んであげることが親の務め


明日の今頃は、家族で「がんばろ!!」と言っていたい・・・









ありがとうございますm(__)m

本日の記事は、自分の勝手な思いですので
さらっと読んでもらえるとうれしいです

関連記事
スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント